よくあるご質問

【1】精神科(または心療内科)に通院中の方へ

 (1)現在、精神科(または心療内科)に通院中なのですが、スーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法を受けることは可能でしょうか?

残念ながら、スーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法を受けることはできません。

セラピストが医師免許を有しているため、医療機関でない八雲総合研究所で、精神科的な診断名のつく方に精神療法を行えば、“モグリ”の医療行為となってしまうからです。

たとえ医療機関に通院はしているが向精神薬(抗不安薬や抗うつ薬、気分安定薬、抗精神病薬など)を全く服用されていない場合でも、精神科的な診断名がつく場合には、スーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法をお引き受けすることができません。

服薬の有無よりも、精神科的な診断名の有無が重要であることをご了解下さい。

八雲総合研究所が、「精神障害の方を対象とした治療の場」(=医療機関)ではなく、「医療・福祉系国家資格者を対象としたスーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法を受ける場」であることを、どうぞご理解下さい。

 

(2)以前、精神科(または心療内科)に通っていたのですが、今は通っていません。スーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法を受けることはできますか?

現在、治癒していれば問題ありません。

但し、治療を自己中断されただけで、こころの病気(精神障害)が治癒しておられない場合は、スーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法をお引き受けすることができません。

通っておられるか、おられないかが重要なのではなく、治癒しておられるか、おられないかが重要なのです。

治癒しているか否かが不明の場合には、初回(必要によっては複数回)の面談を“診断面接”(現時点で精神科的な診断がつくか否かを判断するための面接)として受けることができます。

医療機関でない八雲総合研究所では、精神科的な診断名がつく方にスーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法を行えないことをご了解下さい。

 

(3)精神科や心療内科には通っていませんが、婦人科で抗うつ薬を処方されています。スーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法を受けることができますか?

精神科・心療内科以外の診療科(内科、外科、婦人科、整形外科など)から、向精神薬(抗不安薬や抗うつ薬、気分安定薬、抗精神病薬など)を処方されている場合も、それらの薬を処方するために精神科的な保険病名がついていることになりますので、 スーパーヴィジョン=人間的成長のための精神療法をお引き受けすることができません。

抗不安薬や抗うつ薬、気分安定薬、抗精神病薬を処方されている場合は、診療科の名前によらず、精神科的な診断名がついているということをご了解下さい。

 

【2】他のセラピスト、セラピーなどの併用について

※通常は書かなくても常識なのですが、開業して今日までに2人ほどいらしたので、明記しておきます。

現在、他の精神療法家やカウンセラーなどの許(もと)に通っておられる方、他の精神療法やカウンセリングを学んでおられる方(実践されている方)は、そちらを完全におやめになってからこちらに申し込まれるか、こちらを断念してそちらをお続け下さい。

また、通っていなくても、他のセラピーの考え方を併用するという方法も当研究所では取っておりません

根本的に人間観、治療観、世界観が異なるものを併用することはできませんので、それらを完全におやめになってからこちらに申し込まれるか、こちらを断念してそちらのセラピーを学ばれますように。

(稀に近い人間観、治療観、世界観の精神療法やカウンセリングもありますので、不明な場合はお問い合わせ下さい)

また、占い、民間信仰、カルトなど、精神世界を扱ったものの併用も同様です。

それらを完全におやめになってからこちらに申し込まれるか、こちらを断念して自己責任でそちらをお選び下さい。

 

 

 

[2019(平成31)年4月30日改訂]

関連Essay『折れた煙草の吸殻で』

当研究所のホームページにあれだけ個人スーパーヴィジョンの「対象」について書いても、

心療内科・精神科に受診していたことを隠して、

(1回くらいいいじゃん、もう行ってないからいいじゃん)

今も受診していることを隠して、

(薬もらってるだけだからいいじゃん)

内科や婦人科などの身体科で精神安定剤や抗うつ薬をもらっていることを隠して、

(心療内科や精神科じゃないからいいじゃん)

内緒で家族から精神安定剤を分けてもらっていることを隠して、

(私は受診してないからいいじゃん)

…などなどして、八雲に面談を申し込んで来られる方がいらっしゃる。

私が関わる勉強会やワークショップなどでも同様である。

きちんと「企画に参加するために必要なこと」が書いてあるにも関わらず、

本当のことを言わず、「嘘」をついて参加を申し込んで来られる方がいらっしゃる。

「嘘」をつけるということ自体が、自分自身に対する「問題意識」の甘さ、「情けなさの自覚」の乏しさを示している。

残念ながら、その先に真の「成長」はない。

「治療」が必要な方は、臨床心理士からカウンセリングを受けることもできるし、大都市圏では精神療法専門の精神科医が自由診療で開業されているクリニックも珍しくない

「治療」には「治療」のためのちゃんとした道がある(私自身も治療に携わってきたので断言する)。

よって、当研究所の面談や企画参加で「成長」を望まれるのであれば、必ず「正直さ」を持って来て下さい。

よくよくご了解下さいますように。

 

 

 

◆追伸 もちろん過去にどれだけ受診歴があっても、現在は治癒され、その上でさらに『成長』を目指される方は何の問題もないどころか、歓迎致します。

▲このページのトップに戻る