2020(令和2)年10月20日(火)『TAKARAZUKA2! 〜 地上の華 〜』

こんにちは。

花組の柚香光(ゆずかれい)です。

 

…というわけで、また行ってきましたよ、奥さん。

宝塚ですよ、旦那さん。

花組公演ですよ、お姉さん。

あの『はいからさんが通る』ですよ、お兄さん。

今回もヘビーファンの方からチケットを分けていただきました。

コロナ下でも劇場内は劇団側もファン側も、なんとしても「観せたい」「観たい」が相俟っての感染防止体制が徹底している印象でした。

そして公演そのものは、原作マンガ、アニメ、実写版を踏まえた、歌と踊りとお芝居のクォリティの高さはもちろん、やっぱり生舞台の演じ手の熱意、これには今回も感動しました。

感動の根幹は、前回も今回も同じ。

さらに、いつもセラピー場面では、人間の「感情」を超えた世界に焦点を当てがちだけれど

この日の純然たるラブストーリーに、我々の「感情」「凡情」の豊かさを再認識した一日でした。

「恋しい」「愛しい」「憎らしい」「妬ましい」「寂しい」「嬉しい」「哀しい」「腹立たしい」などもまた、地上に肉を持つ我々凡夫の華。

豊かなもんだね。

マドモアゼールやマッダームたちが宝塚の世界に酔うのもわかるってもんだ。

 

「僕が選んだあなただから、あなたの受けた運命は、僕も一緒に生きて行くんです。」

 

あなたが大切な人に本気でそう言えれば、あなたもまたあなたの人生でトップスターになれるかもしれない。

そしてまた今回もしばらくは、『はいからさんが通る』を歌って踊っているであろう私でした。

 

 

▲このページのトップに戻る