2020(令和2)年8月1日(土)『塀の上の猫について』

(1)まず第一に、『塀の上の猫』は、まだ出逢ったことのない “私が出逢うべき人たち”を思い浮かべながら書いている。

何よりも本欄は、今生で逢うべき人に逢うためにある。

(2)第二に、現在、面談に来られている方、勉強会やワークショップに参加された方を想定して『塀の上の猫』を書くこともある(連絡事項を含む)

しかし、面談に来ている方について暗喩的に何かメッセージを書くことはない。

必ず面談で直接に申し上げる。

稀に「あれは暗に私のことを書いておられましたね。」と言われることがあるが、それを自意識過剰、関係念慮というのである。

それ自体が解決すべきテーマである。

(3)現在、他所で精神科医や臨床心理士からサイコセラピー/カウンセリングを受けている方の閲覧はご遠慮願っている。

ダブル・セラピストで良いことは何もない。

目の前のサイコセラピー/カウンセリングに専念することを強くお勧めする。

一度に二つの道は登れない。

同様に、かつて当研究所に通われていた方にも閲覧をご遠慮願っている。

別れた前夫(前妻)のFACEBOOKをいつまでも覗いている前妻(前夫)のようで、やめた方がいい

前を向いて新しい道を進もう。

(4)尚、『塀の上の猫』の中に登場するセラピー例や個人の内面に関する記載は、守秘義務のため、特定の個人のものとならぬよう、他の多数の経験例も加えて編集・加工してあることをご了解下さい。

(5)最後に、『塀の上の猫』は適宜、改訂または削除することがある。

自分として完成度に納得しない場合は、何度も同じテーマで書き直すこともある。

これは自分自身のためである。

以上

 

 

▲このページのトップに戻る